共用機器等の利用

沖縄ライフサイエンス研究センターは沖縄県内の科学技術の振興に資することを目的とした施設ですので、施設入居者だけではなく、入居者以外の一般利用者も共用機器室に設置された機器などを利用することができます。

沖縄県の貴重な資産ですので、施設の目的を踏まえて、ルールに従って、ご利用下さい。
共用機器などは精密で高価な機器ですので、丁寧に取り扱い頂き、他の利用者に迷惑を掛けないようにご注意下さい。

利用に当たっては、使用目的、機器の操作の経験や知識を有しているか、利用料の支払い能力の有無などの一定の条件を充足していることが必要です。

利用までの流れ

利用申し込み 施設利用に当たっての注意事項等をお読み頂き、ご了承の上で共用機器等利用申込書類(下記確認書・連絡先届出書・修練度に関する資料)を沖縄ライフサイエンス研究センターに郵送、持参にてご提出下さい。
審 査 目的、使用経験、知識、支払い能力などを勘案して利用許諾(IDの交付)を行います。
予 約 HPを使って予約を行います。
利 用 共用機器運用規則の他、職員の指示に従って適切にご利用下さい。※1、2、3、4
精 算 月毎の精算となります。月末締めで請求書を発行しますので、指定銀行口座にお振り込み下さい。ただし、一般利用者は、原則前払いとなります。※5

※1 利用マニュアル等をお読み頂き、操作マニュアルやDVDなどによる操作方法の事前の習得確認をお願いします。
※2 一般利用者の申し込みは使用日の1か月前から可能です。入居利用者は使用日の3か月前からの申し込みが可能です。
※3 測定や分析に必要な試薬やキット、消耗品などは利用者でご用意下さい。センター内にあるサプライセンターで購入することが可能です。
※4 測定などの準備や調製作業や測定後の片付けの時間も利用時間に含まれます。
※5 月間使用額が多額になると見込まれる場合には、預託金をお預かりすることがあります。

共用機器等利用申込書類

ページトップへ